レストランバスで味わう宮城・閖上のマリアージュ!【体験レポート】

2020年7月15日

車窓からの景色を楽しみながら、出来たてのお料理をいただける「レストランバス」ツアーをご紹介!1階がキッチン、2階がテーブル席の2階建てバスに乗り、仙台「Oupe」の渡邊政也氏による閖上と名取の食材を使ったランチと、その地の美酒のマリアージュを楽しめます!
酒蔵の見学や生産者の話を聞き、その想いと共にいただくランチは、きっと感慨深いものとなるはず!

レストランバスが仙台駅にやってきた!

ツアーの始まりは仙台駅。今回乗車するのは2階建てのレストランバスです!1階にはキッチンが配備されており、シェフの仕事を垣間見ることができます。2階では本格的な食事を楽しみながら、観光スポットや魅力的な風景を楽しむことができます。また、オープントップの開放的な環境をで景色と食事とお酒を楽しめちゃいます!
ツアーの一行は「レストランバス」に乗り込み、早速乾杯!ウェルカムドリンクを楽しみつつ、今回の目的地、宮城県名取市・閖上へ向かいます。

佐々木酒造店で蔵見学、試飲、お買い物

昨年10月に再建したばかりの佐々木酒造店では、酒蔵初めての仕込みを見学しました。酒蔵の専務、佐々木洋さんが回って見せてくれる新しい蔵は、震災からの再生を実感できるはずです。

地酒と地元食材のマリアージュランチ

酒蔵の見学の後はお酒とマリアージュさせた、お待ちかねのランチ!仙台のレストラン「Oupe」シェフ渡邊政也氏による、レストランバスならではの出来たて料理です。
ランチには、「仙台せり鍋」でも有名な、名取のせり農家・三浦隆弘さんも登場。水を大切にするせりと、お酒が、名取の自然の恵みであることを実感でき、感謝を持って料理をいただくことができます。料理は、地元産のシャコ、ヒラメなど全5品。どれも見た目も味も想像を超えており大満足の内容でした!

車窓からの景色を楽しみながら、出来たてのお料理をいただける「レストランバス」の旅は想像以上に素晴らしいものでした。シェフや生産者と語り合いながら、その土地のストーリーを聞き、食材を楽しむ、贅沢なツアーでした。

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.