福島県二本松市のワイナリー収穫祭を楽しむ1泊2日【体験レポート】

2020年7月15日

福島県二本松市で、「ヨメっこが欲しくて」始めたワイナリー、東京の元官僚が作る有機野菜&地ビール、ワイン畑と収穫祭を楽しむ、「日本の田舎」がぎっしり詰まった1泊2日のツアー。美しい里山の風景と元気な二本松の「おっちゃん」達に会えばきっとパワーがもらえるはず!岳温泉の入浴も付いて大満足の旅の体験レポートをご紹介します。

福島・二本松で過ごす贅沢田舎体験 1泊2日の旅がスタート!

今回の旅のスタート地点は福島県にあるJR二本松駅。専用バスに乗り込み、最初の目的地、岳温泉の「陽日の郷あづま館」で、新鮮食材を贅沢に使った自然派ビュッフェを楽しみます。その後、安達太良山火口近くの源泉から湧き出る源泉かけ流しの温泉に入浴。

昼食と入浴を楽しんだ後は、ナチュラルライフを楽しむ雑貨も並ぶ、チーズケーキ工房&カフェ「風花」へ立ち寄りました。ここではお菓子のサービスとお買い物を楽しみました!

福島の人・食材・お酒を楽しむ最高の夜

カフェを楽しんだ後は、再びバスに乗り込み二本松市の東側・東和地区へ向かいます。次なる目的地の「ななくさ農園」では、有機野菜の収穫後、なんとこちらの農園で醸造しているビールの試飲をしました。爽やかな風が吹く農村の風景を見ながらの乾杯はとても気持ちが良かったです。

農家民宿「ゆんた」に移動し、地元シェフから先ほど収穫したお野菜を使った「ワインに合う一品」の作り方も教えてもらえました。
夕食は、都会の人を振り向かせるワインを目指して、東和のおっちゃん達が立ち上げた「ふくしま農家の夢ワイン」のワインや「ななくさビーヤ」を囲んで、カンパーイ!地元の方と共に楽しい時間を過ごしました。

2日目スタート!いざ、「ふくしま農家の夢ワイン」ワイナリーへ

2日目は福島産のワインを醸造している「ふくしま農家の夢ワイン」のぶどう畑へ。待ち構えていたのはワイナリーの斎藤社長。「人が足りなくてサー、皆さんに力をお借りしたいと思ってるんですー」と穏やかな口調で作業の方法を教えてくれます。今回は、破れてしまったぶどうの粒を切り落とし、よけながらブドウの収穫をします。こうすることで、ワインの味がより良くなるとのこと。パチン、パチンとはさみで切り落としながら、「きっと私たちのおかげで、美味しいブドウができるね」と参加者同士話しながら、作業を進めていきます。ぶどうを集めたところで記念写真!みなさん、達成感でいい表情をしていました

収穫後は、もちろんワインで乾杯!「ふくしま農家の夢ワイン」の収穫祭へ!ワイナリーはたくさんの人がワインや食事を楽しみ、にぎやかかつなごやかな雰囲気。養蚕場を「おっちゃん」たち自らが改築してワイナリーにした建物では、買い物もできます。手作りピザは、作るところからのセルフサービス!みんなでワイワイとトッピングを載せた後は、やはり「おっちゃん」がピザ釜で焼いてくれます。焼きたてが熱々で美味しい!このワイナリーの目の前にもぶどう畑が広がり、青空の下、ワインと食事で、のんびりとした時間を過ごすことができました。

今回のツアーでは実際に自分で野菜やぶどうの収穫をしたり、地元の人々と触れ合うことができたり、福島の魅力を存分に楽しむことができました。田舎ならではの楽しみ方ができる二本松に皆様もぜひ遊びに行ってください!

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.