レストランバスで行く!塩釜・SENDAI光のページェント【体験レポート】

2020年7月15日

「SENDAI光のページェント」のロマンチックなイルミネーションに照らされながら、大切な人とディナーはいかがですか??1階がキッチン、2階がテーブル席の2階建てバス(ガラスルーフ)に乗車し、歴史ある酒蔵を見た後は、仙台「Oupe」の渡邊政也氏による、塩釜の海の幸や地元の旬の食材を使ったディナーと、日本酒やワインとのマリアージュをいただきます。五感で楽しめる、最高の冬の思い出になりました。

宮城県では初運行!「レストランバス」に乗り、いざ出発!

「レストランバス」に乗り込み、まずは塩釜市に向かいます。今回乗車するのは2階建てのレストランバスです!1階にはキッチンが配備されておりシェフの仕事を垣間見ることができます。2階では本格的な食事を楽しみながら、観光スポットや魅力的な風景を楽しむことができます。また、オープントップの開放的な環境をで景色と食事とお酒を楽しめちゃいます!

宮城の地酒「浦霞」の醸造元・佐浦で蔵見学

全国的にも有名な日本酒「浦霞」を醸造している㈱佐浦で蔵見学と日本酒の試飲を行いました。ガイドによる日本酒講座や塩釜のまちに対する想いを聞くことができ、お酒がさらに美味しく感じられました。夜の酒蔵見学という珍しい経験ができました。

仙台「Oupe」の渡邊政也シェフが仙台近隣の旬の食材を使った特別なディナーを、温かいうちに皆様のテーブルへ運んでくれます!先ほど見学した佐浦の浦霞などと食材のペアリングを楽しみながら味わいました。景色を楽しみながらのディナーは最高のひと時です!

SENDAI光のページェント

定禅寺通を約60万球のあたたかな光が包む仙台市の冬の風物詩「SENDAI光のページェン」。.レストランバスからの眺めは、光を間近に感じることができる特等席です。美しすぎる景観のなかでの乾杯は贅沢の極みです!

今までは下から見上げていた光のページェントをこんなにも近くで楽しめたのは初めてでした!レストランバスならではの楽しみが詰まった今回のツアー、特別な一日になりました。

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.