歩いて知る塩釜・藻塩の物語 日本酒と寿司のマリアージュランチ付き【体験レポート】

2020年7月15日

塩と深いかかわりのある塩釜市。塩にまつわる神社、日本酒、塩で食べる寿司などの多様な塩の楽しみ方が体験できる、ガイド付き街歩きのツアー。英語でのガイドも可能だったので海外からのお客さんも参加していました!

 

歴史と食を楽しみながら学べる塩釜のまちあるきツアースタート!

旅の始まりは国の重要文化財にも指定されている鹽竈神社(しおがまじんじゃ)の参拝から。ガイドさんから塩釜の歴史や文化を教えてもらいながら境内を見て回りました。

宮城の地酒「浦霞」の醸造元・佐浦で日本酒を堪能

全国的にも有名な日本酒「浦霞」を醸造している㈱佐浦で蔵見学と日本酒の試飲を行いました。ガイドによるミニ日本酒講座と3種類の日本酒の試飲があり、改めて日本酒のすばらしさを再認識しました!

塩にまつわる塩釜の伝統的な神事が行われる神社・御釜神社を参拝

宮城県の無形民俗文化財に指定されている神事「藻塩焼神事」が行われている御釜神社。御釜神社は塩にまつわる神社で、塩がもつ文化的意味や鹽竈神社との関係性をガイドさんにわかりやすく教えてもらいました。

日本酒と絶品お寿司を堪能!亀喜寿司で最高のランチ

塩釜まで来たら絶対に食べたいのがお寿司!今回のツアーでは亀喜寿司で絶品お寿司と日本酒が味わいました。そしてここでも塩が登場。お醤油ではなく塩でお寿司をいただきます!お魚のうま味が引き立ち、日本酒とのマリアージュも最高でした。参加者と楽しくおしゃべりをして今回のツアーは終了です。

宮城県に住んでいてもあまり知らなかった塩釜の魅力を堪能できるツアーでした!歴史と食、そして文化を体感できる塩釜市。皆さんも是非訪れてみてはいかがでしょうか?

Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.