WINE

秋保ワイナリーのぶどうの枝で作る 箸置きづくりワークショップ

秋保ワイナリーぶどうの枝ワークショップ03

仙台市・秋保ワイナリーで、捨ててしまうぶどうの剪定枝を使って、箸置きやリースづくりのワークショップを行います。
ぶどうは収穫が終わり冬になると、次のシーズンに良いぶどうがなるよう、「剪定(せんてい)」という余計な枝を切る作業があります。
その捨ててしまうはずの枝を再利用して素敵なグッズを作ったり、ぶどうの育成やワインの醸造の話も聞けるワークショップです。

おすすめポイント

おしゃれな箸置きが
簡単に作れる

ハサミやヤスリを使って、箸置き(カトラリーレスト)に使えるよう、形を整えていきます。簡単な作業なのでお子さんと一緒にも楽しめます。

冬のぶどう畑で枝を収集
スタッフのガイドもお楽しみに

使う枝は、外の畑で収集。自分好みの枝を見つけてください。ワイナリースタッフがぶどう畑ことも教えてくれます。冬の畑を楽しみましょう。※写真は秋の畑の様子です

リースを作ってもOK!
捨てるはずの枝を有効利用しよう

枝は持って帰ることができるので、思い思いに利用しましょう。リース作りにもおすすめ。少しずつ枝をまげて丸い形にして針金で止めます。

ツアー・体験詳細
開催日
第1回:2022年1月10日(月・祝)(毎年1~3月に開催予定)
所要時間
約1時間
人数
2~8名
料金
お一人様1,000円(税込)
集合場所
秋保ワイナリーワイン
主催者
秋保ワイナリー
行程
13:20秋保ワイナリー集合、受付→13:30オリエンテーション→枝集め&畑の案内→箸置きづくりワークショップ→記念撮影→14:30解散
備考
【予約方法】
お電話にてご予約下さい(9:30~17:00、火曜定休)
022-226-7475

【その他】
小学生以上のお子様から料金をいただきます。
ただし小学生未満のお子様の参加もOKです。その場合は枝、用具は保護者の方と一緒に使用していただきます。
なお、一緒に作って楽しむなら3~4歳以上がおすすめです。
費用に含まれるもの
剪定枝代、ワークショップ代、用具代、消費税
費用に含まれないもの
なし
ご予約はこちらから※主催者のツアー・体験予約ページに移動します
Copyright©City of Sendai All Rights Reserved.